TOPニュース > 【沖縄】沖縄の新たな観光資源となるか?沖縄モーターフェスティバル開催決定

イベント

2014-09-25

【沖縄】沖縄の新たな観光資源となるか?沖縄モーターフェスティバル開催決定
詳細情報を見る

【沖縄】沖縄の新たな観光資源となるか?沖縄モーターフェスティバル開催決定

2015年に日本初の公道レース実現に向け、昨年に沖縄IMP(インターナショナル・モータースポーツ・プロジェクト)凱旋パレードが沖縄県豊見城市の美らSUNビーチにて開催されたが、今年は『沖縄モーターフェスティバル』と題して9月27日(土)、28日(日)の2日間、同ビーチおよびその周辺にて様々なイベントが開催される。

今年は4輪だけではなく、2輪やマリンスポーツなども含めたモータースポーツに関する企画が多数予定されており、モータースポーツ好きにはたまらないイベントになりそう。来場者は昨年の1万2000人を上回る2万人を目標としているとのこと。

メーン会場となる美らSUNビーチでは、カスタムカーやカスタムバイクの展示、本格的なレーシングカートのデモラン、BMX&スケートボードの大会「CHANPULOO GAME Vol19」などが催される。ビーチではフリースタイルジェットスキーの元世界チャンピオン渡部文一によるデモ、ジェットスキーの無料試乗会なども予定。さらには、子どもも楽しめるようにとラジコンの特設コースが設置されるなど、家族向けに構成された鑑賞プログラムや体験プログラムなど、豊富なコンテンツが無料(一部有料)で楽しめる。

特設会場(入場料2,000円、中学生以下無料)では、普段見る事ができないカラフルなGT車の迫力ある走行を間近で見る事ができる他、ドリフトやジムカーナなど4輪車のイベントはもちろんのこと、バイクの異種格闘技ともいわれ、県内でも人気の高いスーパーモタードには日本チャンピオンと県出身のプロ選手による走行もあり、モータースポーツファン必見の企画が盛りだくさん。

また、スーパーGT300クラスで活躍するOKINAWA MSA・RUN UPの田中篤、藤田竜樹、吉田広樹といったGTドライバーも登場予定でトークショーも企画されている。さらに、豊見城市の特産品や伝統芸能の紹介を行う地域の魅力発信ブースの設置や、27日(土)の夜には県出身のDJ、DJ-TA-SHI-を迎えた屋外ディスコも予定。

国民に夢と感動を与えるとともに、地域の活性・観光の進行などを目的とした同イベント。大人だけでなく子どもも楽しめる内容。様々なモータースポーツが一堂に会するだけに沖縄の新たな観光資源になりそうだ。