TOPニュース > 【沖縄】世界遺産・座喜味城跡がライトアップで幻想的な空間に

イベント

2014-11-27

【沖縄】世界遺産・座喜味城跡がライトアップで幻想的な空間に
詳細情報を見る

【沖縄】世界遺産・座喜味城跡がライトアップで幻想的な空間に

沖縄・読谷村(よみたんそん)にある世界遺産・座喜味城跡(ざきみじょうあと)では、現在、「世界遺産座喜味城跡ライトアップ」と題したライトアップイベントが開催中。期間は2015年1月29日(木)まで。

座喜味城跡は、15世紀初頭、琉球王国・中山の按司・護佐丸(ごさまる)によって築かれた城。緩やかな曲線を描く城壁や石垣のアーチ門が特徴的な構造になっている。2000年に那覇の首里城などとともに琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

今回のイベントでは、その座喜味城跡の城壁にランダムに光を映し出してライトアップ。沖縄の神聖な城(ぐすく)という空間が、より幻想的に演出されており、観光客だけでなく地元の人でにぎわっている。

間もなくイルミネーションが全国的に華やぐクリスマスのシーズン。城郭技術が見せる“美”と光のコラボを堪能しよう。