TOPニュース > 【沖縄】「GUSUKU ROCK FES’15」実行委員長・當山貴史(シャオロン・トゥ・ザ・スカイVo./G.)インタビュー

イベント

2015-02-20

【沖縄】「GUSUKU ROCK FES’15」実行委員長・當山貴史(シャオロン・トゥ・ザ・スカイVo./G.)インタビュー
詳細情報を見る

【沖縄】「GUSUKU ROCK FES’15」実行委員長・當山貴史(シャオロン・トゥ・ザ・スカイVo./G.)インタビュー

2015年3月21日(土)に北中城村にある世界遺産、中城城跡で「GUSUKU ROCK FES’15」が開催される。今回は、GUSUKU ROCK実行委員長としてイベントをプロデュースする當山貴史さんに直撃インタビュー!

-----今回、「GUSUKU ROCK FES’15」を開催しようと思ったきっかけはなんですか?
2013年8月に山形県で開催された「蔵王龍岩祭」というフェスに出演した際、メインステージで使用する音響と照明を『オフグリッドシステム』という送電系統と繋がっていない電力システムだけでまかなっていたのですが、それに使用するパーソナルエナジーという機械を開発した粟田さんと出会ったことが始まりです。この取り組みに感銘を受け、沖縄は太陽の島だから太陽の強い力を使ったオフグリッドシステムでフェスができたら面白いだろうなぁと思いついたのがきっかけです。

-----オフグリッドでフェスをやるというのはどういうことですか?
オフグリッドは、電線とは繋がっていないということです。つまり、太陽光エネルギーをその場にあるパネルで吸収した光を使って電力に変えていきます。沖縄は橋で繋がっていない孤島。つまり、沖縄自体がオフグリッドシステムなんです。オフグリッドである沖縄で、こうしたフェスを行うのは意味があるものだと思ってます。

-----フェスの見どころは?
やはり、世界遺産である中城城跡ですね。行くだけで「すごい」と感じられるパワーがあるし、ここがどのような歴史を辿ってきた場所なのか、歴史を感じながらフェスを楽しんでほしいです。実は100%オフグリッドの有料イベントというのは、世界初なんだそうです。それに世界遺産が加わるので、オンリーワンのフェスになりますよ。

インタビューの全文はコチラ↓
エンタメ情報サイト「エンタ魂」
http://www.ent-mabui.jp/news/4840